ドローン情報基盤システム(FISS)への入力について

2020年05月07日


令和元年7月26日、国土交通省「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」の改正により、今後新たに許可承認を受けドローンの飛行を行う場合には、飛行前にドローン情報基盤システム(通称:FISS)へ飛行計画を登録することが義務化となりました。



ドローン情報基盤システム(FISS)とは、「ドローンの操縦者」が飛行前に飛行計画を当該システムに登録することで、「その他の操縦者や航空機の運航者」と飛行情報を共有することができるシステムで、昨今のドローンの利活用拡大に伴う更なる安全確保のためにサービスが開始されました。

 ドローン情報基盤システム : https://www.fiss.mlit.go.jp/top 

 (外部サイトへのリンクとなります)


弊社におきましては上記の審査要領の改正を受け、弊社にてドローン操縦者教習を受講しドローン本体を購入された方を対象に、ドローン情報基盤システムへの登録を無償にて代行申請(入力)させて頂くことと致しました。


過去に弊社にてドローンの講習・購入をされた方はもちろん、これから新規に講習・購入をお考えの方にも適用されますので、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。

※弊社で取り扱っているドローンは農業用(農薬散布等使用)のみとなっております。

 弊社お問い合わせフォーム(クリックするとリンクのページを開きます。)

 弊社お問い合わせ電話番号:0172-27-1661


また、FISS入力の他にもドローン飛行の際は様々なルールを遵守し、安全な飛行を心掛けていく必要があります。

今後も新たなルールが追加されていくことが考えられるため、弊社におきましてもそれらに柔軟に対応して参ります。


ドローンの安全な飛行に向けて.jpg



ニュース一覧に戻る